創業理念

新長田まちづくり株式会社は、平成7年1月17日の阪神淡路大震災により、壊滅的な被害を被った新長田駅南部地区において街の活気と賑わいを取り戻し、潤いのあるコミュニティ豊かな街として再生するため、20haにもおよぶ再開発ビル群をひとつの街としてとらえ、街全体の効率的な管理運営、地元・周辺地域との一体的な事業展開を基本理念として新長田駅南部地区活性化のリーディングカンパニーを目指します。

社長あいさつ

新長田は商・工・住渾然一体で発展してきました。その中でいろんな人たちが価値観をぶつけあいながら、新しいものを創造してきたまちです。

震災復興の過程においても、新長田のまちは様々な理念を育んできています。安全・安心なまちづくりをはじめとして、まちを支えてきた人達の想いや行動が、地域に根ざしたひとづくりや商業振興・文化振興の取り組みへと結実しているのです。

震災復興の次のステップとして、個々の自律的な動きを連動させ、個々の成果を繋いでいく、地域の中に連携システムを構築していく。そんなビジネスモデルの創出にまちをあげてチャレンジしています。